唐辛子/レッドペッパー

唐辛子/レッドペッパー

唐辛子と言えば、赤い色合いで刺激的な「辛いスパイス」の代名詞です。原産地は南米とされていますが、現在では世界中で栽培されています。日本でも一部の地域で特殊な種類が栽培されたりしています。

唐辛子の英語での表記では「レッドペッパー」と言ったりもしますが、なぜペッパーなのかというと、コロンブスがスペインに持ち帰った際に、その辛さからコショウ/ペッパーの仲間と勘違いされて、それ以来「(レッド)ペッパー」という呼び名が定着したとも言われています。

特徴である辛みの成分は「カプサイシン」になります。その辛さの度合いを「スコヴィル値」で表しますが、より辛いものを求めて品種改良し、新たな辛い品種を研究し開発され続けてきたスパイスでもあります。

辛さが特徴的とは言え、すべての唐辛子が辛い訳ではなく、種類によって甘いものから辛いものまで様々です。また色でも大別され、緑色の唐辛子は「青唐辛子」、赤色の唐辛子は「赤唐辛子」となります。「赤唐辛子」は「レッドペッパー」「チリペッパー」「カイエン(ヌ)ペッパー」などと様々な呼ばれ方があります。

料理の辛味付けには欠かせないスパイスとなっており、日本では近年の「激辛ブーム」「旨辛ブーム」「シビ辛ブーム」の「辛」の部分ををけん引しているスパイスになります。

ブログに戻る