スパイスの使い方|スパイスを使う適切なタイミング3選

スパイスの使い方|スパイスを使う適切なタイミング3選

スパイスをより効果的に使うには、使うタイミングも重要です。スパイスを上手に使うためには3つのタイミングを意識して使いましょう。

【その①】下ごしらえに

肉に下味を付ける際に塩や酒などと一緒にスパイス・ハーブを使うと、主に食材の臭みを消したり、風味や辛味、色見を付けることが出来ます。肉の下味にはよく揉みこむように使うと良いでしょう。

【その②】調理中に

にんにくやクミンの香りをオリーブ油に移すテンパリングや、煮込み料理や炊き込み料理にスパイスやハーブを入れることがあります。加熱する過程で徐々に香り成分が溶け出しますので、パウダーよりも形状(粒径)が大きなものが適しています。

【その③】仕上げに

温かな炊き込みご飯に木の芽を置くなど、仕上げに使うと瞬時に香りが広がり、良い色づけになります。そのようにスパイスやハーブでも、例えば料理を提供する直前に、お皿全体に粗挽きの胡椒を振るだけでも、香りが立つだけでなく見た目の演出にも繋がり、食が進むきっかけにもなります。

ブログに戻る