スパイスの保存|カンタン長持ち、効果的な保存方法―3つの基本

スパイスの保存|カンタン長持ち、効果的な保存方法―3つの基本

なかなか一度に沢山の量を使う機会はないスパイス。むしろ、毎回毎回少しずつ使うのがスパイス。だからこそ、保管する環境を整えて長期間使うことを可能に出来たら理想的です。こちらでは、スパイスを保存する際の基本的な方法について説明します。

■まずは「3つの基本」を実践

スパイスを保存する際に気を付けるポイントが「直射日光(光)」「熱(温度)」「湿気(水分)」の3つです。

【その①】紫外線はスパイスの酸化を促進させ、香りや風味を劣化させてしまいます。遮光性のある容器を用いたり、直射日光の当たらない場所を選んでください。またスパイスは熱が加わる事で風味が損なわれる傾向があります。なるべく高温での保管は避けるようにしましょう。

【その②】そして湿気。乾燥したスパイスにとって湿気は天敵です。特にカビの発生リスクが上がったりします。

【その③】保存は可能な限り風通しの良い涼しい所が良いでしょう。また、調理する際にも注意すべきポイントは、湯気や蒸気が立つ鍋などの上から、スパイスの入った容器を直接近づける事。湯気が容器に入る事で、中のスパイスが湿気ってしまう恐れがあります。

■温度変化の少ない場所を選ぼう

スパイスを長期保存するための条件の1つが「温度変化が少ない保管場所」です。なるべく一定の温度をキープできる場所を選んでください。高温多湿になる場所では、虫の発生やカビが生える原因となるので、可能な限り風通しの良い涼しい所がベストです。

■密封した容器がベスト!!

空気に触れる事も、スパイスの香りや風味を落とす最大の要因です。その為、保管する際の容器は、蓋付きの密閉できるものがおすすめ。これだと湿気による劣化も防ぐ事ができるので、長期保存には必須と言えます。

ブログに戻る